都立推薦小論文の極意の記事一覧- ページ 2 / 2 - 名門公立高校受験道場 - 高校受験における塾講師を厳選

名門公立高校受験道場 - 高校受験における塾講師を厳選 > 受験情報 > 都立推薦小論文の極意 > Page 2

都立推薦小論文の極意

都立推薦入試小論文の極意 都立西高校シリーズ(4)

16年07月23日

都立推薦入試小論文の極意
都立西高校シリーズ(4)

  
平成26年度 東京都立西高校
推薦選抜にもとづく作文問題

  
次のことばについて、
あなたが感じたり思ったりすることを
六百字以内で述べなさい。

  
「私たちはしばしば、
できないものを見つけることによって、
できることを発見する。」

  
(サミュエル・スマイルズ)

  
解答例1
https://doctor-of-philosophy1982.amebaownd.com/posts/926227
解答例2
https://doctor-of-philosophy1982.amebaownd.com/posts/942550

  
解答への導き

  
この問題を見たときに、
まずは「できないもの」と
「できること」を自分のなかで具体的に考えてみてよう。

  
学校や家庭のなかで自分にできること、
できないこと、
中学生として社会のなかでできること、
できないことを
それぞれがよく考えてみてほしい。

  
「できないこと」をいくら挙げても
「できること」は見つからないように思うだろう。

  
それをサミュエル・スマイルズは、
発見できるという。

  
この一見すると矛盾する言明を、
君の論理と言葉で説明しなければいけないのだから、
この問題もなかなかにハードルが高い。

  
いかなる解答にせよ、
「できないこと」と「できること」を
どう結び付けるのかという、
つながりや関係を説明することが大切だ。

  
解答例2では、
日常的な対話の場面において
「できること」と「できないこと」が
あることを明白に対比させている。

  
こうした場面の設定のために、
まずは「できること」と「できないこと」を
具体的に考えてみる必要があるのだ。

  
課題文の言葉をどうにか自分で解釈するためには、
まずは自分の具体的な経験や場面を想起したり、
想像したりしよう。

  

他人を「完全に」理解することは
わたしたちには「できない」。

  
しかし、それでもなお相手に話しかけるのは、
相手にたいして「応答することができる」からだ。

  
この「応答可能性」があるからこそ、
すなわち「できること」があるからこそ、
われわれは「理解できない」他人に話しかける。

  
解答例2では、対話という日常的で、
ありふれた場面においてさえ、

  
「できないこと」/「できること」の対比が
歴然としてある点を挙げ、

  
「応答可能性」にそれらの対比をつなぐ関係性を見出している。

  
一見すると当たり前に見える日常的な振る舞いのなかにも、
よくよく分析してみれば、

  
こうした対比や関係性を見つけることは可能だ。

  
したがって、都立西高校の問題において、
いかなる文章の問題が出されても、
まずは、自分のいる具体的な経験の場面で考えよう。

  
そして、具体的な場面のなかから、
引き出すべき関係性や一般性を見つけていく必要がある。

  
もちろん、
こうした思考やその展開は直線的に行われるものではないし、
すぐには身につかない。

  
だからこそ、日頃から訓練していく必要があるのだ。

  

【受験生向け講座】
①通信添削
②スカイプ添削
③都内某所での合宿講座
を開講予定です。
詳しくはお問い合せください。

  
【塾向け講座】
貴塾での塾内授業や貴塾生への通信添削・スカイプ添削を
受け付けております。ご遠慮なくお問い合わせください。

  
雄飛教育グループ、AO入試個別塾プロデュース
【哲学博士による都立推薦小論文道場】
担当 佐藤陽祐

  
https://doctor-of-philosophy1982.amebaownd.com/

  
【お問い合わせ先】
an.asura.girl.in.love.1982@gmail.com (代表佐藤メールアドレス)
080-3433-8068 (代表佐藤携帯電話)
048-796-7782 (雄飛教育グループ直通)

  

都立推薦入試小論文の極意 都立日比谷高校シリーズ(3)

16年06月23日

都立推薦入試小論文の極意
都立日比谷高校シリーズ(3)

  
平成27年度 東京都立日比谷高校
推薦選抜にもとづく小論文
―解答への導き―
  
解答例1
https://doctor-of-philosophy1982.amebaownd.com/posts/894376
解答例2
https://doctor-of-philosophy1982.amebaownd.com/posts/901035
解答例3
https://doctor-of-philosophy1982.amebaownd.com/posts/915789

  
ここでは、問2の問題に対して、解答への導きを扱います。

  
(問1については、「哲学博士による都立推薦小論文道場」
https://doctor-of-philosophy1982.amebaownd.com/
をご参照ください。)

  
平成27年度の問題は、日本ならびに東京における観光立国推進政策に関する
問題が出題された。2020年の東京オリンピック開催も含めて、観光立国推進政策
については、今後も入試と取り上げられる可能性がある。

  
まずは提示された各資料を確認しよう。

  
資料1: 「観光立国推進基本方法」から抜粋された観光立国推進政策の企図と
目標が提示されている。

  
図1: 平成24年度の各国の外国人旅行者受入人数、
図2: 平成24年度の国際観光収入・支出の比較
図3: 日本・東京を訪れた外国人旅行者数、東京を訪れた国内旅行者数の推移表
図4: 外国人旅行者の受入に当たって都民が不足と考える点の割合表

  
問2 観光立国推進のために、
首都である東京は具体的にどのような取組を推進したらよいだろうか。
あなたがアピールしたい東京の魅力を挙げ、
あなたの考えを360~400字で説明しなさい。

  
その際、図3、図4であなたの考えの根拠とした箇所を明確にすること。
まずは、図を読み取ろう。

  
図3からは、訪都国内旅行者数は平成16年度以降、ほぼ横ばいで、
東京が現状、旅行者数が毎年うなぎ上りのような特別に人気の
観光地ではないことを物語っている。

  
また訪日外国人旅行者数も平成20年度以降、浮き沈みが激しい。

  
図4の「外国人旅行者の受入に当たって都民が不足と考える点」
については、一目瞭然だ。

「言語対応」に都民は圧倒的に不足を感じていることがすぐわかる。

  
こうした図の読み取りにもとづいて、
東京における観光推進政策を行うとしたら、
東京のどのような点を魅力に挙げて、
どのような推進政策を行うかが問われている。

  
したがって、考えなければならないのは、
①あなたが考える東京の魅力
②どのような観光推進政策を行うか
の2点である。

  
①・国内の他地域へのアクセスの簡便さ
・伝統と新しさとが融合している点
・都民の持つ優れたもてなしの気質
などを解答例では挙げた。

ここは、受験生の思案のしどころだし、
面白いところ。いろいろ考えてみてほしい。

  
②図4からすぐにわかるのは、外国人旅行者に対する言語対応の問題だ。
したがって、この言語対応の問題を解消するような観光推進政策への
取り組みを挙げれば、解答として問題ないだろう。

  
以上、①、②の点を踏まえて解答を作成できればよい。

  
【受験生向け講座】
①通信添削
②スカイプ添削
③都内某所での合宿講座
を開講予定です。
詳しくはお問い合せください。

  
【塾向け講座】
貴塾での塾内授業や貴塾生への通信添削・スカイプ添削を
受け付けております。ご遠慮なくお問い合わせください。

  
雄飛教育グループ、AO入試個別塾プロデュース
【哲学博士による都立推薦小論文道場】
担当 佐藤陽祐

  
https://doctor-of-philosophy1982.amebaownd.com/

  
【お問い合わせ先】
an.asura.girl.in.love.1982@gmail.com (代表佐藤メールアドレス)
080-3433-8068 (代表佐藤携帯電話)
048-796-7782 (雄飛教育グループ直通)

  

2016年7月17日(日)
名門公立高校受験道場師範塾の
爆裂のコラボレーション講座

  
難関都立専門塾ミラクル(都立日比谷専門塾創心ゼミ)
県立浦和高校受験専門塾雄飛会
AO個別入試塾(哲学博士の都立推薦小論文)

  
名門公立高校受験道場師範塾の
爆裂のコラボレーション講座開催!!

  
難関都立高校を目指し、偏差値70オーバーへの
「きっかけ」を掴む怒涛のワンデーミラクル体験。

  
詳細は近々、名門公立高校受験道場ブログにて発表します。

  
名門公立高校受験道場主宰一柳率いる講師陣による
盤石の難関都立高校受験講座を体験しませんか?

  
①難関都立対策偏差値70突破への「きっかけ」講座
(担当 雄飛会代表 一柳)
②都立推薦小論文講座(圧倒的合格答案への「きっかけ」講座)
(担当 AO入試個別塾代表 佐藤)
③何でも受験相談(親御様対象)
(担当 創心ゼミ塾長 北島)

  
生徒の皆様は①、②どちらかの受講をお選びください。
親御様は③のお申し込みは自由です。

  
【日時】2016年7月17日(日)
13時30分~17時30分
【場所】SHIP 品川産業支援交流施設
品川区北品川5-5-15
大崎ブライトコア4階
http://www.ship-osaki.jp/
【費用】無料

  

【お問い合わせ】

yuuhikai.ichiyanagi@gmail.com

048-796-7782

090-3437-6907

雄飛教育グループ代表一柳まで

都立推薦入試小論文の極意 都立西高校シリーズ(3)

16年05月31日

都立推薦入試小論文の極意
都立西高校シリーズ(3)

  
平成27年度 東京都立西高校
推薦選抜にもとづく作文問題

  
次のことばについて、あなたが感じたり思ったりすることを
六百字以内で述べなさい。

 
「自分では前を見ているつもりでも、実際はバックミラーを見ている。」
(マーシャル・マクルーハン)

  
解答例1
https://doctor-of-philosophy1982.amebaownd.com/posts/791718
解答例2
https://doctor-of-philosophy1982.amebaownd.com/posts/800528
解答例3
https://doctor-of-philosophy1982.amebaownd.com/posts/852578

  
解答への導き

  
マーシャル・マクルーハンは、メディア理論の泰斗だ。
ここでメディア理論について詳しく論じることはできない。

  
しかし、雑駁な言い方をすれば、マスコミと人間との関係や、
諸々のコミュニケーションの仕組み、効果・影響を
扱うのがメディア理論の分野だ。

  
こうしたマクルーハンの専門とするメディア理論の要素を少し
加えた観点から作った解答が解答例3だ。
なかなかおもしろい解答になっているだろう。

  
解答の仕方としては応用といえる。
(オーソドックスな解答への導きは、
【哲学博士の小論文道場】に掲載しております。)

  
現在、スマホやパソコンといったインターネット端末は、
ほぼリアルタイムで情報を「伝える」ことができる。

  
一方で、テレビというメディアを通して「伝わる」情報は、
どうしても断片的な過去のものにならざるを得ない。

  
ここから得られる洞察は、いかなる情報であれメディアを通して
「伝えられた」情報は「過去」のものとなるということだ。

  
マクルーハンの言葉のうちに、以上のようなテレビを代表する
メディアの本質的なあり方を見出す解釈が解答例3だ。

  
マクルーハンの名からメディア理論を想起し、
特にテレビというメディアと人間とのかかわりを的確に分析し、
表現する点で、受験生にとっては応用となろう。

  
しかし、このような解答をすることによって、採点者を唸らせてやろう!

  
【受験生向け講座】
①通信添削
②スカイプ添削
③都内某所での合宿講座
を開講予定です。
詳しくはお問い合せください。

  
【塾向け講座】
貴塾での塾内授業や貴塾生への通信添削・スカイプ添削を
受け付けております。ご遠慮なくお問い合わせください。

  
雄飛教育グループ、AO入試個別塾プロデュース
【哲学博士による都立推薦小論文道場】
担当 佐藤陽祐
https://doctor-of-philosophy1982.amebaownd.com/

  
【お問い合わせ先】
an.asura.girl.in.love.1982@gmail.com (代表佐藤メールアドレス)
080-3433-8068 (代表佐藤携帯電話)
048-796-7782 (雄飛教育グループ直通)

都立推薦小論文の極意 都立日比谷高校シリーズ(2)

16年04月26日

都立推薦入試小論文の極意
都立日比谷高校シリーズ(2)

 

平成28年度 東京都立日比谷高校
推薦選抜にもとづく選抜 小論文
―解答への導き―
(問題はこちらより。)

 
解答例1

https://doctor-of-philosophy1982.amebaownd.com/posts/728404

 
解答例2

https://doctor-of-philosophy1982.amebaownd.com/posts/752228

 
大問1

 
図1は、気象庁が大気中の
二酸化炭素濃度を観測している地点である
綾里、南鳥島及び与那国島の位置を示している。
図2は、これら3地点における大気中の
二酸化炭素濃度の変化を示したものである。
あとの各問に答えなさい。

 
問1 図2から、3地点の大気中の二酸化炭素濃度の変化に
共通する特徴を二つあげなさい。

 
二酸化炭素濃度の変化グラフに見られる
顕著な特徴について記述すればよい。

 
①三地点の二酸化炭素濃度の変化サイクルがほぼ同じであること。
②年を追うごとにだんだんと二酸化炭素濃度が上昇していること。
③毎年4月から7月までは二酸化炭素濃度が減少傾向にあること。

 
などを記述できればよいだろう。

 
問2 南鳥島、与那国島の2地点はほぼ同じ緯度であるが、
大気中の二酸化炭素濃度の変化に相違がある。
相違点とそれが生じる要因について、
あなたの考えを80~100字で書きなさい。

 
まず、図2のグラフから、
総じて与那国島のほうが南鳥島よりも
二酸化炭素濃度が高いことを読み取る。

 
そのうえで、
ほぼ同じ緯度にある二つの島の
二酸化炭素濃度の違いの要因を考えなければいけない。

 
そこで、与那国島のほうが中国に近いという地理的環境を考慮しよう。

 
そして、中国は近年、経済発展が著しい一方で、
大気汚染が深刻化している。
これらの要因を結び付けて考えれば、
解答の記述はさほど難しくないだろう。

 
Ⅱ 
図3、図4は、地球における炭素の循環の様子を、
産業革命前(図3)、現在(図4)について
模式的に示したものである。
また、図5、図6は、二酸化炭素濃度と気温変化を、
1980年ころに予想したものであり、
図5は、経済成長を維持してエネルギー源を
石油や石炭に求めた場合、
図6は、経済成長を抑制してエネルギー源を
核エネルギー太陽エネルギーに求めた場合のものである。
あとの問に答えなさい。

 
問 今後、気温変化の上昇をできるだけ抑えるためには、
エネルギー源をどのように求めればよいか。
図3、図4から読み取れること、
図5、図6から読みとれることをそれぞれ簡潔に述べ、
炭素の循環、経済活動、持続可能性の三つの視点をふまえながら、
あなたの考えを400~440字で書きなさい。

 
当たり前のことだが、
問題によって指示されていることは必ず記述する。

 
この場合は、図3、図4、図5、図6から読みとれる内容をもれなく記述する。

 
また、図3と図4、図5と図6はそれぞれ対照的に比較検討されるべき図だ。
ようするに、二つの図のあいだの違いを見てとればよい。

 
それぞれの図から読みとったことを簡潔にまとめたうえで、
いよいよ本題だ。

 
気温上昇を抑えるために、
どのようなエネルギー源をどのように用いていくべきなのか。

 
化石燃料の使用による二酸化炭素排出によって、気温は上昇する。

 
したがって、化石燃料の使用を今後は抑えていくことが考えられるだろう。

 
しかし、化石燃料からのエネルギー転換には経済活動への多大な影響がある。

 
さらには化石燃料にかわる太陽エネルギーや核エネルギーの使用は、
それぞれにコストや安全性の問題があり、
持続可能なエネルギー利用という観点から問題がある。

 
これらの点を踏まえたうえで、
自分の考えを結論として述べられるとよい。

 

【受験生向け講座】

①通信添削

②スカイプ添削

③都内某所での合宿講座

を開講予定です。

詳しくはお問い合せください。

【塾向け講座】

貴塾での塾内授業や貴塾生への通信添削・スカイプ添削を

受け付けております。ご遠慮なくお問い合わせください。

  

雄飛教育グループ、AO入試個別塾プロデュース

【哲学博士による都立推薦小論文道場】

担当 佐藤陽祐

https://doctor-of-philosophy1982.amebaownd.com/

【お問い合わせ先】

an.asura.girl.in.love.1982@gmail.com (代表佐藤メールアドレス)

080-3433-8068 (代表佐藤携帯電話)

048-796-7782 (雄飛教育グループ直通)

都立推薦入試小論文の極意  都立日比谷高校シリーズ(1)

16年04月12日

都立推薦入試小論文の極意
都立日比谷高校シリーズ(1)

   
日比谷高校の課す小論文の問題の特徴は、
学問的に言えば社会学的な方法論
を背景に持つ出題の傾向がある。

  
すなわち、資料を分析し、
そこに課題や問題を見出し、
解決策を提示するという
アプローチを受験生に取らせる。

  
その結果、当然、
日比谷高校が提示する
小論文評価の観点も以下のようなものだ。

  
・出題の意図を的確に把握する力
・資料を正しく分析し、考察する力
・根拠を明確にして自分の意見を的確に表現する力
・文章を論理的に構成する力
(都立日比谷高等学校ホームページより抜粋)

 
したがって、受験生は「出題の意図を的確に把握し」、
「資料を正しく分析し、考察」して、
「自分の意見の根拠を明らかにして的確に表現」し、
「文章を論理的に構成」すれば、
小論文に関しては合格するわけだ。

  
まったくもって基準が明確であり、
資料読解型小論文の王道だ。

  
とはいえ、上記の力はどれも一朝一夕で
身につけることができるものではない。

  
第一に、資料分析の技法をマスターしなければならない。

  
要するに、
資料のどのような点に着目するかという訓練
を行わなければならない。

  
課題提示をするための資料分析の「目」
を養う必要があるのだ。

  
第二に、資料にもとづいて課題が提示できたとして、
それに対する解決案を提示できるかが問題となる。

  
明らかに実現不可能であったり、荒唐無稽な方法や、
奇抜な提案にならない「妥当」で「現実的な」
解決策を提示しなければならない。

  
これに対しては、訓練をする上で、
社会的問題に対する視野の広さや、
現実的な問題に対する
建設的な思考力を身につけて行かなければならない。

  
最後に、文章を記述する技術的な訓練も必要だ。

  
問題とそれに対する解決策を
たった原稿用紙一枚という制限のなかで、
かなりコンパクトに
まとめなければならない。

  
これもすぐには身につけられない。
継続的な訓練を要するだろう。

  
【哲学博士による都立推薦小論文道場】では、
受講者に以上のような力を備えてもらうべく、
論文執筆(講師は全員が実際に学術論文を執筆しております)
論文指導のプロが
徹底指導を行います。
講師との指導・対話を通して、世の中の見方や議論の仕方、
さまざまな概念や語彙をスリリングに身につけてもらい、
日比谷高校の集団討論・個人面接にも対応しうる力も養います。

  

【受験生向け講座】

①通信添削

②スカイプ添削

③都内某所での合宿講座

を開講予定です。

詳しくはお問い合せください。

【塾向け講座】

貴塾での塾内授業や貴塾生への通信添削・スカイプ添削を

受け付けております。ご遠慮なくお問い合わせください。

  

雄飛教育グループ、AO入試個別塾プロデュース

【哲学博士による都立推薦小論文道場】

担当 佐藤陽祐

https://doctor-of-philosophy1982.amebaownd.com/

【お問い合わせ先】

an.asura.girl.in.love.1982@gmail.com (代表佐藤メールアドレス)

080-3433-8068 (代表佐藤携帯電話)

048-796-7782 (雄飛教育グループ直通)

都立推薦入試小論文の極意 都立西高校シリーズ(2)

16年04月05日

都立推薦入試小論文の極意

都立西高校シリーズ(2)

  

平成28年度 東京都立西高校
推薦選抜にもとづく作文問題

  
次のことばについて、あなたが感じたり
思ったりすることを六百字以内で述べなさい。
「人生には二つの道しかない。
一つは、奇跡などまったく存在しないかのように生きること。
もう一つは、すべてが奇跡であるかのように生きることだ。」
(アルベルト・アインシュタイン)

  

解答例1

https://doctor-of-philosophy1982.amebaownd.com/posts/670063

解答例2

https://doctor-of-philosophy1982.amebaownd.com/posts/678391

  
解答への導き

  
一番のキーワードは「奇跡」だ。

  
この言葉をまずはきちんと定義して、
自分の主張を論じていかなければならない。

  
「奇跡」=常識的には考えられない神秘的な出来事。

  
「奇跡」という言葉の辞書的な定義はこうしたものだ。

  
「ありそうもないことが現実に起こること」
ぐらいの意味では受験生も
意味を把握していたのではないか。

  
スタートとしては、そこから出発してもらっていい。

  
常識=奇跡なんてそうそうあるもんじゃない。
ましてや、フツーの日常生活で奇跡なんてない!

  
こうした考え方にたいして、
「すべてが奇跡であるかのように生きること」
というアインシュタインの言葉を「解釈」すること
が受験生には求められる。

  
この世界にある奇跡的なことはなんだろうか。

  
この問いについて考えることが、
今回の作文を作成するうえで
肝要なものとなる。

  
模範解答では、
今を生きるわたしが他の誰でもない唯一無二の「私」として
存在している点を、奇跡的な事態だと解釈する考え方を示した。

  
また、神様がこの世界を創ったという宗教的な逸話から、
奇跡を考える視点を二つ目の解答例として出してみた。

  
「こんな解答、自分じゃ作れないよ…。」
まだ何の準備もしていない受験生は、きっとそう思うだろう。

  
でも、訓練すればできるんだな。

  
このような解答を提示できるような観点を備えてもらうために、
哲学博士による都立推薦小論文道場では、

  
都立西高校推薦専門対策として、
受験生には以下のテキストを用いて講義をする。

  
池田晶子 『14歳からの哲学 考えるための教科書』トランスビュー

  
都立西高校の推薦作文の問題は、
毎年、科学者、文学者、詩人、精神科医らの、
ビッグネームの言葉が洋の東西を問わずに出される。

  
そこに通底しているのは、
・人が生きるということはどういうことか
・この世界をどのように見るのか、
・物事を探求するとはどういうことか
(知るということはどういうことか、
学ぶというのはどういうことか)、
といった哲学的な問いである。

  
(大人でも答えるのが難しいこのような問いを
課してくる都立西高校の
レヴェルの高さがみんなにはわかりますか。
推薦なめんなよ!(笑))

  
以上のような問いに対して、
受験生の皆が参考にするべき最適の手引きが
『14歳からの哲学』なのだ。

  
すでにこの本を読んだことがある受験生もいるだろう。
池田氏は、自分の頭と言葉だけを使って、
素手で哲学の問題に取り組んでみせる
数少ない本物の哲学者だ
(残念ながら、2007年に46歳という若さで亡くなってしまった)。

  
彼女の言葉や考えの筋道を追うことで、
受験生に本物の思考力を体感してもらいたい。

  
物を考えるってのは、こうやるのだ!

  
という実践の本でもあるから、
都立西高校の推薦作文対策にはもってこいなのだ。

  
哲学博士による都立推薦小論文道場では
『14歳からの哲学』から思考のエッセンスを引きだし、
受験生にさまざまな観点を身に着けてもらい、
作文にアウトプットできる力を養う。

  
訓練すれば、
求められている「格」に見「合」う解答は必ず作れる。
臆せずにチャレンジしてほしい。

  

【受験生向け講座】

①通信添削

②スカイプ添削

③都内某所での合宿講座

を開講予定です。

詳しくはお問い合せください。

【塾向け講座】

貴塾での塾内授業や貴塾生への通信添削・スカイプ添削を

受け付けております。ご遠慮なくお問い合わせください。

  

雄飛教育グループ、AO入試個別塾プロデュース

【哲学博士による都立推薦小論文道場】

担当 佐藤陽祐

https://doctor-of-philosophy1982.amebaownd.com/

【お問い合わせ先】

an.asura.girl.in.love.1982@gmail.com (代表佐藤メールアドレス)

080-3433-8068 (代表佐藤携帯電話)

048-796-7782 (雄飛教育グループ直通)

都立推薦小論文の極意、スタートします!

16年02月16日

―はじめに―

都立の進学重点校の推薦入試を受ける子の成績は、オール5なんてのはザラで、

内申点では正直、差がつかなくなってきている。

となると、試験での成績が当然重要になる。

  

都立高校推薦入試には小論文(作文)、個人面談・集団討論がある。

  

これらの要件にたいして、受験生は十全な準備を行えているだろうか。

特に小論文についてはどうだろうか。

  

実のところ、各中学校、あるいは進学塾においてすら推薦入試への対策は

万全とは言えない。

  

特に小論文をきちんと指導できる先生がいない

(その力のみならず、そもそも時間や機会がない)

のではないか。

  

大手の塾でも推薦を受けるとなると、申し訳程度に小論文や面接の練習をして、

受かったらラッキーという程度の扱いしかされていない。

  

しかし、これはせっかくのチャンスをドブに捨てている。

  

推薦入試に対して、確実に点数を獲得するための準備はできるのだ。

  

特に小論文は「格」に見「合」った実力を鍛え上げることが可能だ。

  

これから、都立進学重点校の小論文課題の解答例を挙げていく。

  

これらの解答例を見て、どう思うだろうか。

これぐらい余裕で書けると思うだろうか。

  

不安に思う必要は何もない。もう一度言おう。

  

小論文は準備をして、確実に点数を確保するための手段とすることが可能だ。

  

解答例のような解答を訓練次第で、記述することが可能になる。

まずはこのことを理解してもらいたい。

  

『都立推薦小論文の極意』のコラムを担当する

【哲学博士による都立推薦小論文道場】は、

小論文において確実に点数を獲得するための力

を備えてもらうべく、論文執筆(代表の佐藤以下、講師は全員が実際に学術論文を

執筆しております)・論文指導のプロが徹底指導を行う。

  

講師との指導・対話を通して、世の中の見方や議論の仕方、

さまざまな概念や語彙を身につけてもらい、集団討論・個人面接にも

対応しうる力も養う。

  

ラッキーで受かったなんて、もう言わせない。

  

917d978eea75ecac9f0eb43e8248550a_a7999ef9582be504dafc68da9363c5ef

  

雄飛教育グループ、AO入試個別塾プロデュース

【哲学博士による都立推薦小論文道場】

担当 佐藤陽祐

https://doctor-of-philosophy1982.amebaownd.com/

 

【お問い合わせ先】

an.asura.girl.in.love.1982@gmail.com (代表佐藤メールアドレス)

080-3433-8068 (代表佐藤携帯電話)

048-796-7782 (雄飛教育グループ直通)

 

都立国際高校 国際バカロレア 小論文分析

15年10月03日

 

『都立国際高校 国際バカロレア 小論文分析』
今年5月に国際バカロレア(ディプロマ・プログラム)の認定を取得し、
正式に国際バカロレア認定校となった都立国際高等学校の小論文の問題分析を行う。

 
国際バカロレア・ディプロマ・プログラムが要求する能力をはかる問題としては、
標準的な問題に見えるが、

 
これを現状の日本の教育制度にある中学生が入試として受けるには、
かなりの準備・訓練を要するものと思われる。

 
特に英語や小論文においては、
中学生に対して高度な思考力や言語運用能力が要求されている。

 
現行の教育制度の枠組み(特に公立校)では、
対応は難しいものと見うけられる。

 
また、募集人員も一学年25人という枠で競争が激しいものとなることが予想される。

 
さて、ここからは特に小論文のサンプル問題の分析を行う。

 
小論文検査問題の概要は、
・与えられた複数の資料を分析し、課題を設定する。
・自ら設定した課題の解決策を論述する。
・文字数は日本語では600字程度、英語では300語程度とする。
とされている。

 
サンプル問題では、
「国連事務局における衡平な地理的配分の原則が適用されるポストに勤務する職員の状況」
についてのデータが表1として提示され、

 
表2では各国の国連通常予算分担金の割合が示される。

 
さらに、資料1では「国連で求められる能力」のチャート、
資料2では国連公用語のチャートが掲載されている。

 
受験者はまずもって、これらの表ならびに資料を自分で分析し、
問題点を見出さなければならない。

 
ある問題が提示され、それを解くという形式の現行の試験問題とは大きく異なる。

 
こうした小論文の形式は、現行の大学入試におけるAO入試や推薦試験等で行われており、
課題としてはそれらと同等の能力が求められていると言っても過言ではない。

 
資料や表のどこに目をつけ、
課題とするにふさわしい問題を自ら設定できるか…試験突破の第一の要点となる。

 
第二の要点として、
自ら提示した問題の解決策を、これも自分で提示しなければならない。

 
設定した問題に妥当な解答を与えなければならないのである。

 
最後に、問題ならびにその解決策を日本語であればわずか600字でまとめあげる必要がある。

 
以上のような検査試験に対していかなる準備・訓練をしたらよいか。

 
第一に、資料分析の技法、
要するに資料のどのような点に着目するかという訓練を行わなければならない。

 
サンプル問題の資料では、

日本が予算分担金の分担率に対して、
「望ましい」職員数よりかなり少ない職員しか人員を満たしていない点が顕著である。

 
また、米国のように予算負担金を多額に拠出している国に割り当てられる職員の
ポスト数が多くなることは、
世界的な問題に対処すべき国連という組織の健全な運営にとって
望ましいことなのかという点にも着目できるだろう。

 
このような、課題提示をするための資料分析の「目」を養わなければならない。

 
第二に、課題が提示できたとして、
それに対する解決案を提示できるかについては、
明らかに実現不可能であったり、荒唐無稽な方法や、
奇抜な提案にならない「妥当」で「現実的な」解決策を提示しなければならない。

 
これに対しては、訓練をする上で、
社会的問題に対する視野の広さや、
現実的な問題に対する建設的な思考力を身につけて行かなければならない。

 
したがって、適切な指導者との対話や、
新聞・テレビ・マスコミ等の情報から問題を分析し、
自分なりの解答を与える訓練を日頃から行っていく必要がある。

 
最後に、文章を記述する技術的な訓練も必要だ。
問題とそれに対する解決策を600字という制限のなかでコンパクトにまとめなければならない。

 
これも一朝一夕では身につけられない。継続的な訓練を要するだろう。

 
はじめに述べたように、
以上のような訓練を現状の日本の教育制度にある中学生が一人で行うのは困難である。
どの試験科目に対しても適切な指導者とともに対策・訓練を行っていく必要があるだろう。

 

 

topimg

 

 

 

 

 

小論文対策添削講座への問い合わせはこちらへ

東京の難関校受験対策 Miracle 

http://miraclesoushin.sakura.ne.jp/

 

Miracle 特別講師

県立浦和高校受験専門塾 雄飛会 代表

雄飛会プロデュース 小論文対策 AO入試個別塾 プロデューサー

一柳忠宏

TOP