道場ブログの記事一覧 - 名門公立高校受験道場 - 高校受験における塾講師を厳選

名門公立高校受験道場 - 高校受験における塾講師を厳選 > 名門道場ブログ > 道場ブログ

道場ブログ

長文読解攻略:《マッスル・ボキャブラリー》名詞編!埼玉県・学校選択問題分析!

24年01月16日

 

名門公立高校受験道場流

『自学力の育て方』

全国の書店で大好評!発売中!

https://amzn.to/3HfniwM

 

最新の入試問題を扱います。

今後の頻出問題になるものです。

 

難関公立高校合格奪取!のための

【知的突破力】を養成する講座!

 

実はトップ層が身につけている

受験教養的知識を身につけていきましょう!

 

大きな差につながる小さな差。

アカデミズムの世界の入り口にご招待します。

 

浦高挑戦!雄飛会!偏差値70突破!TV

教養体育教師、知的突破力養成講座:第83回

 

学校選択問題の英語:長文読解攻略へ!

パワポのダウンロードはこちら↓

マッスルボキャブラリー【名詞編】

 

 

長文読解攻略:《マッスル・ボキャブラリー》動詞編!埼玉県・学校選択問題分析!

24年01月10日

 

名門公立高校受験道場流

『自学力の育て方』

全国の書店で大好評!発売中!

https://amzn.to/3HfniwM

 

最新の入試問題を扱います。

今後の頻出問題になるものです。

 

難関公立高校合格奪取!のための

【知的突破力】を養成する講座!

 

実はトップ層が身につけている

受験教養的知識を身につけていきましょう!

 

大きな差につながる小さな差。

アカデミズムの世界の入り口にご招待します。

 

浦高挑戦!雄飛会!偏差値70突破!TV

教養体育教師、知的突破力養成講座:第82回

 

学校選択問題の英語:長文読解攻略へ!

パワポのダウンロードはこちら↓

マッスル・ボキャブラリー【動詞編】

 

都立推薦入試小論文の極意 都立西高校シリーズ(12)

23年12月25日

 

名門公立高校受験道場流

『自学力の育て方』

全国の書店で大好評!発売中!

https://amzn.to/3HfniwM

 

令和5年度 東京都立西高校 

推薦選抜にもとづく作文問題

  

 

次のことばについて、あなたが感じた、考えたことを六百字以内で述べなさい。(50分)

 

「木は不幸ではない。冬の木は葉を落(おと)して素裸かもしれないけれど、不幸ではあるまい。」(開高健)

 

 

解答例

https://note.com/polly82jp/n/n9df14d6b07fb

 

こちらの記事も読んでおきましょう!

・都立西高校推薦作文問題の極意

https://note.com/polly82jp/n/n7c81d26f14a2

 

・都立西高校 推薦入試作文の肝

https://note.com/polly82jp/n/nb41b26da4cac

 

 

解答への導き

令和5年度の都立西の推薦作文では、開高健のことばが出題されました。開高健は各種の文学賞を「総なめ」にした、昭和を代表する作家です。例年、科学者や数学者、思想家のことばが出題される中で、令和3年度の黒井千次に引き続き、小説家のことばからの出題は二度目です。出題される文学的な「ことば」を解釈する力が求められる試験だといえます。

 

ステップ1 ことばを分析し、論点を提示する

小学生でもわかる、非常にわかりやすいことばです。しかし、その意味するところを考えることは簡単ではありません。冬になり、葉を落として素裸となった木の姿について、「不幸ではない」と「わざわざ」いわれます。一般に冬枯れの木が与える印象についてまずはよく考えましょう。葉を落とした冬の木の姿は、どのように見えるでしょうか。葉というかつては自分の一部であったものを失った木は、物悲しく、不幸なあり方をしているように見えると思います。しかし、開高健はそうした見方を否定します。それはなぜなのかを考えていく必要があります。すなわち、「自身の一部であったものを失った存在が、不幸ではないといわれるのはなぜなのか」という問いについて考えることができるとよいです。

 

ステップ2 ことばを解釈する

今回の模範解答では、自分の体験と木のあり方とを対比的に解釈する書き方をしています。「かつては自身の一部であったものを失う」経験や体験を考えてみます。さらに、そうした経験をすることが必ずしも不幸ではないという理屈を示すことができれば、開高健のことばを自分の経験に即して理解し、説明することが可能となります。模範解答では、自身の一部であったものとして、「思い出の品」や「記憶」といったものをテーマとして取り上げて説明を行っています。

 

 

ステップ3 解釈にもとづきことばから何を感じたのか、思ったのかを説明する

全体としてこのことばをどのように解釈し、理解することができるのかについて説明することを示すことができたら、設問の要求に従って、最終的にこのことばから何を感じたり、思ったのか説明します。模範解答では、「失われたものを糧にして人も木も生きていく」という点を挙げています。

 

ことばの解釈を適切に行い、ことばに対する自分の理解や考えを示すためには、中学生のみなさんにとってはかなりの訓練が必要だといえます。都立西高校の推薦入試作文問題は、ことばの解釈を行うことが求められるため、ただの作文ではありません。そもそも文章を書く訓練すら行っていない段階から、試問題に臨む力を備えるためには、非常に時間がかかります。可能な限りはやく対策を始めてもらいたいと思います。

 

 

 

【哲学博士による都立推薦小論文道場】受講希望の皆様へ

 

都立西・都立日比谷 推薦入試  小論文・作文 模範解答 まとめ

 

 

名門公立高校受験道場流

『自学力の育て方』

全国の書店で大好評!発売中!

https://amzn.to/3HfniwM

 

 

 

《モーダルシフト》2023年度:東京都・奈良県で出題!

23年10月16日

 

名門公立高校受験道場流

『自学力の育て方』

全国の書店で大好評!発売中!

https://amzn.to/3HfniwM

 

最新の入試問題を扱います。

今後の頻出問題になるものです。

 

難関公立高校合格奪取!のための

【知的突破力】を養成する講座!

 

実はトップ層が身につけている

受験教養的知識を身につけていきましょう!

 

大きな差につながる小さな差。

アカデミズムの世界の入り口にご招待します。

 

教養体育教師、知的突破力養成講座:第81回

 

浦高挑戦!雄飛会!偏差値70突破!TV

 

東京都・社会

奈良県・社会

  (さらに…)

2023年度公立高校入試:正答率40%以下の語順整序・英作文

23年10月13日

 

名門公立高校受験道場流

『自学力の育て方』

全国の書店で大好評!発売中!

https://amzn.to/3HfniwM

 

青森県:大問2(1)イ 正答率33.3%

 

(what / know / is / you / it / do)?

 

 Do you know what it is?

 

岩手県:大問9(3) 正答率26%

  (さらに…)

道場認定!全国オンライン講座一覧!【大学受験・高校受験・中学受験】(随時、認定追加中!)

23年09月30日

 

道場認定!!!

全国どこでも受講可能なオンライン講座!

 

学びの選択肢も多様化してきていて

 

普通なら通塾出来ない塾の講座も

受講できるようになりましたね。

 

そこでせっかくなら最高レベルの教務力を持った塾の

オンライン講座を見つけたいじゃないですか。

 

そこで、

道場認定!名門印のオンライン講座を集めてみました!

 

大学受験:オンライン講座

 

総合型選抜対策・小論文対策:潜龍舎

 

国際教養大学入試対策:明正塾

 

数学【カラ破り】コース:SoRa

 

世界史論述対策:クロニクル

 

高校入試:オンライン講座

 

オンライン松江塾

 

EIMEI-TOP

 

オンラインみどり塾

 

都立推薦小論文対策

 

日比谷高校受験専門塾 星進会

 

 

ゆるゆる追加の認定をしていきますねー。

 

名門公立高校受験道場流

『自学力の育て方』

全国の書店で大好評!発売中!

https://amzn.to/3HfniwM

 

2023年度:全国高校入試問題における哲学・思想系課題文

23年09月24日

 

名門公立高校受験道場流

『自学力の育て方』

全国の書店で大好評!発売中!

https://amzn.to/3HfniwM

 

このシリーズも今年で7年目となりました!

 

藤田正勝『哲学のヒント』

岩波書店、2013年

 

【北海道】

 

2022年度はが福島県、長野県、奈良県、島根県で出題されました。

引き続き2023年度は北海道にて出題されました。

 

平易なことばで哲学の本質に迫る

藤田先生のご著書は受験生も必読です。

 

今回の課題文は「もの」と「こと」

(=両者を合わせて物事という)

から成り立つ世界のうち、

「こと」的世界の豊饒な様相について、

具体的な例とともに語られる内容です。

 

小川仁志『中高生のための哲学入門 ―大人になる君へ―』

ミネルヴァ書房2022年

 

【茨城県】

 

小川仁志『公共性主義とは何か 〈である〉哲学から〈する〉哲学へ』

教育評論社 、2019年

 

 

【山梨県】

 

茨城県、山梨県の二県で

小川仁志先生のご著書から出題がなされました。

 

小川先生は

商社マン→フリーター→市役所職員→哲学者という

異色の経歴の持ち主です。

 

小川先生のことをテレビで

見たことがある人も多いと思います。

 

NHK Eテレの「世界の哲学者に人生相談」や

「ロッチと子羊 迷えるあなたに哲学を」という

番組にも出演なさっていました。

 

寄せられた人々のお悩みに

哲学者の考えを明解に紹介しながら、

バシっと回答するすごい人です。

 

茨城県の出題は「視点を変えること」の

本質的な重要性について述べられている箇所であり、

 

山梨県の出題は、

市民活動としてのコミュニティの活発化のためには、

まずは「人が集まる」、

そのことだけでも重要であり、

 

集まることがコミュニティ活性化のための

スタートになるという主旨であり、

公共哲学分野の文章でした。

 

川瀬和也『ヘーゲル哲学に学ぶ 考え抜く力』

光文社、2022年

 

 

【埼玉県】

 

ヘーゲル哲学をご専門とする

川瀬和也先生のご著書からの出題でした。

 

課題文は、平易なことばによって語られながらも、

 

扱われる内容は普遍者の存在についての

ゴリゴリの形而上学であり、

 

「存在するとは区別されることである」という

ヘーゲル独自の存在論について説明される内容でした。

 

こういうお話がおもしろいと思う人は、

哲学に向いていると思います。

 

信原幸弘「情報とウェルビーイング」

河本 英夫/稲垣 諭 編著『見えない世界を可視化する「哲学地図」 「ポスト真実」時代を読み解く10章』学芸みらい社、2021年より

 

 

【東京都】

 

東京都の出題は、『見えない世界を可視化する「哲学地図」 「ポスト真実」時代を読み解く10章』という書籍のなかの、信原幸弘先生が著した第一章「情報とウェルビーイング」からなされています。

 

『見えない世界を可視化する「哲学地図」 「ポスト真実」時代を読み解く10章』も現代社会を理解するために非常に有益な本ですので、中高生の皆様にはぜひとも読んでもらいたいです。

 

信原先生は、「心の哲学」という分野において

我が国の第一人者であり、

 

近年はニューロフィロソフィー、

ニューロエシックス、ニューロリテラシー等の

研究に取り組んでいらっしゃいます。

 

出題箇所は、

フェイクニュースとウェルビーイングの分析から、

 

われわれがデジタル情報すなわちAIとの

同化ではなく、AIとの共生が示唆される文脈です。

 

中村雄二郎『哲学の現在―生きること考えること』

岩波書店、1977年。 

 

 

  

古田徹也『いつもの言葉を哲学する』

朝日新聞出版、2021年。

 

 

【東京都立立川高校】

 

都立立川高校は二つの著作からの課題文が出題されました。

 

中村雄二郎先生は、2017年に亡くなられましたが、

日本代表する哲学者といえます。

 

高校入試や大学入試の入試問題において、

中村先生の文章がこれまでもよく出題されてきました。

 

課題文はウィトゲンシュタインという

哲学者の考えを引きつつ、

 

「言葉は思考の肉体である」

=考えるということは、本質的に、概念と論理によってだけではなく、イメージと想像力によってもなされるという主張が展開されます。

 

他方で、

古田徹也先生もウィトゲンシュタイン研究から出発し、

現在は現代倫理学をご専門としています。

 

作問者が意図しているかどうかはわかりませんが、

中村先生と古田先生の文章からの出題は、

ウィトゲンシュタインという哲学者において共通しています。

 

古田先生の文章からの課題文は、

 

レポートや論文においても、論理や形式だけではなく、

書き手の経験や主観を書くことも

重要であることを述べている文章です。

 

大森荘蔵『思考と論理』

筑摩書房、2015年。

 

 

【東京都立隅田川高校】

 

「立ち現れ一元論」という

独自の世界の眺望のあり方を

提示する大森荘蔵は日本を代表する哲学者です。

 

現在の日本哲学界の重鎮である、

野家啓一、藤本隆志、野矢茂樹、中島義道ら

第一線で活躍する哲学者を数多く育てた

日本哲学界のいわばビッグボスです。

 

課題文は、

 

「経験の言語化とはその経験の言語的想起である」

という論考を示す、

中学生が読むにはなかなかにハードな内容です。

 

このレベルについてこられるかな。

 

山口裕之『「みんな違ってみんないい」のか? 相対主義と普遍主義の問題』

筑摩書房、2022年。

 

 

 
 

【富山県】

 

山口裕之先生は、フランス近代哲学や

科学哲学をご専門とする哲学研究者です。

 

課題文は、

アメリカの言語学者ノーム・チョムスキーの

言語生得説を踏まえて、

 

子どもには言語を学ぶ能力が生得的に備わっている

ことを説明する箇所からの出題でした。

 

西研『しあわせの哲学』

NHK出版、2021年。

 

 

【熊本県】

 

2021年度入試において

長崎県でも西先生のこの著作から出題がなされました。

 

熊本県の出題箇所は、

他者と対話の関係を作る方法や

対話の効用について述べられている箇所です。

 

 

 

2023年度:全国公立高校「漢字」正答率50%以下の出題一覧

23年09月21日

 

名門公立高校受験道場流

『自学力の育て方』

全国の書店で大好評!発売中!

https://amzn.to/3HfniwM

 

2023年度:正答率50%以下

「漢字」全国公立高校出題一覧!

 

北海道

 

神社の宝物をハイカンする。(35.8%)

  (さらに…)

《エシカル消費》2023年度:熊本県・社会、沖縄県・国語で出題!

23年09月16日

 

名門公立高校受験道場流

『自学力の育て方』

全国の書店で大好評!発売中!

https://amzn.to/3HfniwM

 

最新の入試問題を扱います。

今後の頻出問題になるものです。

 

難関公立高校合格奪取!のための

【知的突破力】を養成する講座!

 

実はトップ層が身につけている

受験教養的知識を身につけていきましょう!

 

大きな差につながる小さな差。

アカデミズムの世界の入り口にご招待します。

 

教養体育教師、知的突破力養成講座:第80回

 

浦高挑戦!雄飛会!偏差値70突破!TV

 

熊本県・社会

沖縄県・国語

  (さらに…)

《マイクロクレジット》2023年度:5都道府県で出題!

23年08月23日

 

名門公立高校受験道場流

『自学力の育て方』

全国の書店で大好評!発売中!

https://amzn.to/3HfniwM

 

 

最新の入試問題を扱います。

今後の頻出問題になるものです。

 

難関公立高校合格奪取!のための

【知的突破力】を養成する講座!

 

実はトップ層が身につけている

受験教養的知識を身につけていきましょう!

 

大きな差につながる小さな差。

アカデミズムの世界の入り口にご招待します。

 

教養体育教師、知的突破力養成講座:第79回

 

浦高挑戦!雄飛会!偏差値70突破!TV

 

北海道

福島県

滋賀県

愛媛県

佐賀県

  (さらに…)

TOP