名門道場ブログの記事一覧 - 名門公立高校受験道場 - 高校受験における塾講師を厳選

名門公立高校受験道場 - 高校受験における塾講師を厳選 > 名門道場ブログ

名門道場ブログ

2019年 東大京大合計 公立高校合格者ランキング

19年04月18日

 

2019年 東大京大合計 公立高校合格者ランキング

 

北野   75

旭丘   74

浦和   59

膳所   56

堀川   56

天王寺  53

日比谷  52

浜松北  48

岡崎   48

岐阜   40

(さらに…)

2019年 京都大学 公立高校合格者ランキング

19年04月15日

 

2019年 京都大学 公立高校合格者ランキング

 

北野   72

堀川   51

膳所   50

旭丘   48

天王寺  47

浜松北  32

奈良   31

長田   27

西京   25

三国丘  25

(さらに…)

2019年 東京大学 公立高校合格者ランキング

19年04月12日

 

2019年 東京大学 公立高校合格者ランキング

 

日比谷   47

浦和    41

岡崎    27

旭丘    26

横浜翠嵐  21

土浦第一  20

札幌南   19

千葉    19

西     19

湘南    19

(さらに…)

神奈川最強個人塾3塾のアライアンス発足!

19年02月18日

 

 

横浜の岡本塾

小田原の慧真館

鎌倉のすばる進学セミナー

 

神奈川最強個人塾3塾でアライアンス“dosh.”を開始

 

第一弾は公立自己採点3塾平均の公開。

 

dosh.(ドッシュ)の由来は呉越同舟。

子どもたちの可能性を拓く同志との共闘体制です。

(dosh=お金という意味もありますが響き優先で)

“神奈川に個人塾の風を”

 

 

 

大阪府の数学C問題対策!突破への重要ポイント!!(4)

19年01月25日

大阪C問題を突破するための記事第4弾です。

今回も予告通り『整数』です。

整数はこれでひと段落となります。

 

大阪府の数学C問題対策!突破への重要ポイント!!

大阪府の数学C問題対策!突破への重要ポイント!!(2)

大阪府の数学C問題対策!突破への重要ポイント!!(3)

さて、今回扱う問題は、

はい!何と

2018年度京都西京の問題

 

 

いや、いや、いや、お前は大阪の担当やろ?

というツッコミはごもっともなのですが、

こういう問題がそろそろ大阪でも出そうだって事なのです。

 

語りたい事が多いので、少しずついきます。

 

まず、前提として何故n≠−2であるか説明出来ますか?

これは分母が0になるからダメなのです。

 

『÷0はルール違反』

中学内容では大して気にしていなくても

問題を解く上で不都合は起こりませんでした。

 

今までは!

 

しかし、今後この問題のように

分母に文字を含んだ多項式を扱う問題が

出題される可能性は十分にあり得ます。

 

よって、問題に注意が無くとも

自分で分母を0にするような解は

排除できるようになりましょう!

 

前置きが長くなりましたが、解き方です。

 

 

ちょい注意

これはトップ校受験者でもたまにミスる人が居ます。

分母の多項式を払いたい場合は

その式を丸ごと両辺に掛けましょう。

 

文字だけとか数字だけ掛けても分母は払えません。

 

ポイント①

(n+2)を無理やり作って辻つまを合わせます。

要は因数を無理やりつくるわけです。

 

ポイント②

掛けて1になる整数の組み合わせを全て書き出します。

 

今回は右辺の数が1なので楽ですが、

右辺の数の約数が多いと当然パターン分けは増えます。

 

その場合でも根気よく追い込みましょう。

 

 

ポイント①

さて、解答1の方法も悪くは無いですが、この形を見て下さい。

第3弾までにお話してきた、(整数)=(分数)

の形です。

 

つまり、このまま進めて問題無いと考えましょう。

 

ポイント②

次は積の形を作りたいところですが、

分母分子共に因数分解は出来そうにない。

 

こういう時は分母(n+2)を分子の中に作って、

整数部分と分数部分に分けましょう。

 

何かややこしいなー…と思うかもしれませんが、

過分数を帯分数に直してるだけね!

 

こうすればnが一ヶ所になるので処理しやすいのです。

 

(解答3)

3パターン目はいつでも出来るわけでは無いですが、

気付けば早いというもの。

 

n+2、n+3は連続する整数です。

 

この問題は連続する整数の小さい方の数で

大きい方を割り切ろうとしているのです。 

 

ちょっと調べればすぐに分かりますが、

分母の絶対値が1の時しか無理ですね。

 

よって、分母を±1にするようなnが解となります。

 

ちょっと付け加えると、

連続する整数は公約数を持ちません。

(互いに素といいます。)

 

高校数学の証明では何気によく使うので、

覚えておくと良いですよ!

 

以上で第4弾は終了です。

 

第4弾までの裏テーマとして、

高校に入ってからも使える考え方や式変形を

身に付けるという事を意識しています。

 

高校に進学し、

整数の分野や積分で効力を発揮する

時限爆弾になれば嬉しいです。

 

また、大阪C問題についてお伝えしていきます。

 

京橋数学塾A4U

 

0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる 学ぶ人と育てる人のための教科書

19年01月07日

 

 

「今のような学校教育はいらない」と語るのは、

現代の論客といわれるメディアアーティストの落合陽一氏。

 

「人生100年時代」に本当に必要な教育とは?

 

デジタルネイチャーの時代に身につけておくべきことは?

  (さらに…)

かなり異質な徳島県の高校入試事情(1)

18年12月27日

こんにちは、そして初めまして!

徳島県にて塾講師として17年間指導しております、阿部と申します。

他県から見るとかなり異質な徳島県の入試事情をお伝えいたします。

他県から徳島に転勤でお越しになったお子様のいらっしゃる方には
有益な情報であると思います。どうぞお読みくださいませ。

(さらに…)

大阪府の数学C問題対策!突破への重要ポイント!!(2)

18年12月26日

前回に引き続き

大阪府の数学C問題を突破するためのポイントをお伝えします。

前回の記事はこちら。

大阪府の数学C問題対策!突破への重要ポイント!!

扱う問題は前回と同じく、『整数』に絡んだ問題。

(さらに…)

大阪府の数学C問題対策!突破への重要ポイント!!

18年12月14日

大阪府の数学C問題を突破する上で重要なポイントを

実際の問題を交えてお伝えしていきます。

 

まず受験において重要な事として

『大多数の受験者が正解する問題は落としてはならない。』

といつ鉄則があります。

 

「図形の問題が分かりません。」と

誰もが得点するのに苦しむ分野について悩む前に、

 

計算や方程式の問題は完璧に解けるのかどうか

という事に意識を向けましょう。

 

 

(さらに…)

TOP