受験情報の記事一覧 - 名門公立高校受験道場 - 高校受験における塾講師を厳選

名門公立高校受験道場 - 高校受験における塾講師を厳選 > 受験情報

受験情報

2020年以降の大学入試改革と都立推薦入試との関連性について①

17年10月05日

2020年以降の大学入試改革と
都立推薦入試との関連性について①

(さらに…)

(7)29年度・2017年県立浦和高校および学校選択問題分析②

17年07月13日

『県立浦和高校への道』

「(7)29年度・2017年県立浦和高校および学校選択問題分析②」

 

毎回の記事でもそうですが、

雄飛会関係各所からの情報を基にした独自の集計、

独自の計算方法ですので正確な数値ではないことに

注意をしてください。

 

雄飛会のブログの方にアップされていますので、

ご覧ください。

 

http://www.yu-hikai.com/blog/1755.html

 

雄飛会では、各生徒の現状の成績から

残り時間での最近の傾向に合わせて、

最適な浦高合格戦略を提示しています。

 

①内申アップの為の御相談

②現状の成績からの逆転合格戦略アドバイス

③逆転合格のための具体的な学習内容アドバイス

 

もしご興味がありましたらご相談ください。

 

県立浦和高校受験専門塾 雄飛会

LINE@始めました。

友達追加をよろしくお願い申し上げます。

  

御相談・お問い合わせ随時募集しています!

お気軽にLINEしてください。

時間のある時に、順番でお返事しております。

友だち追加

$RZ1IFRW

いたま市浦和区北浦和 浦高通り沿い

県立浦和高校受験専門塾 【雄飛会】

代表 一柳忠宏

 

住所:埼玉県さいたま市浦和区北浦和1-21-18シャトー雁ヶ音203

電話:048-796-7782(教室直通、でなければ携帯へ)

代表携帯:090-3437-6907

メール: yuuhikai.ichiyanagi@gmail.com

HP: http://www.yu-hikai.com

都立推薦入試小論文の極意 都立西高校に推薦合格したい方へ

17年06月22日

都立推薦入試小論文の極意

こんにちは。
【哲学博士による都立推薦小論文道場】
代表の佐藤です。

 
都立西高校志望者の皆様、
下記のようなセミナーを行います。

 
都立西高校推薦入試合格戦略セミナー
(各日程 定員5名様まで)

 
【都立西高校 夏の学校見学会(10:00 ~ 11:30) 開催日】
7月28日(金)13:00~14:30
8月25日(金)13:00~14:30

 
会場:レンタルスペース サクルム(http://space-sacrum.com/access/
(京王井の頭線久我山駅北口徒歩一分)
(〒168-0082 東京都杉並区久我山4-2-25 ミモザビル 2F)

 
セミナー開催日は、都立西高校の学校見学会開催日ですので、
学校見学とともにセミナーにもぜひお越しいただきたく存じます。

 
都立西高校推薦入試合格(倍率3倍!)のための戦略を
定員5名様のみにお話させていただきます。

 
どうぞふるってお申込みいただきますよう
よろしくお願い申し上げます。

 
お申込みは、
こちらから(https://ssl.form-mailer.jp/fms/5e969c03517831

 

【受験生向け講座】
①通信添削
②スカイプ添削
③都内某所での合宿講座
を開講予定です。
詳しくは下記のフォームからお問い合せください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/2478c063472725

 
【塾向け講座】
貴塾での塾内授業や貴塾生への通信添削・スカイプ添削を
受け付けております。ご遠慮なくお問い合わせください。

 
雄飛教育グループ
AO・推薦入試小論文専門塾 潜龍舎 プロデュース
【哲学博士による都立推薦小論文道場】
担当 佐藤陽祐
https://doctor-of-philosophy1982.amebaownd.com/

 
AO・推薦入試小論文専門指導塾 『潜龍舎』についてはこちら
http://www.yu-hikai.com/ao

 
【お問い合わせ先】
an.asura.girl.in.love.1982@gmail.com (代表佐藤メールアドレス)
080-3433-8068 (代表佐藤携帯電話)
048-796-7782 (雄飛教育グループ直通)

(6)29年度・2017年県立浦和高校および学校選択問題分析

17年06月07日

『県立浦和高校への道』

「(6)29年度・2017年県立浦和高校および学校選択問題分析」

  

毎回の記事でもそうですが、

雄飛会関係各所からの情報を基にした独自の集計、

独自の計算方法ですので正確な数値ではないことに

注意をしてください。

 

雄飛会のブログの方にアップされていますので、

ご覧ください。

 

http://www.yu-hikai.com/blog/1682.html

 

 

雄飛会では、各生徒の現状の成績から

残り時間での最近の傾向に合わせて、

最適な浦高合格戦略を提示しています。

 

①内申アップの為の御相談

②現状の成績からの逆転合格戦略アドバイス

③逆転合格のための具体的な学習内容アドバイス

 

もしご興味がありましたらご相談ください。

 

県立浦和高校受験専門塾 雄飛会

LINE@始めました。

友達追加をよろしくお願い申し上げます。

  

御相談・お問い合わせ随時募集しています!

お気軽にLINEしてください。

時間のある時に、順番でお返事しております。

友だち追加

$RZ1IFRW

さいたま市浦和区北浦和 浦高通り沿い

県立浦和高校受験専門塾 【雄飛会】

代表 一柳忠宏

 

住所:埼玉県さいたま市浦和区北浦和1-21-18シャトー雁ヶ音203

電話:048-796-7782(教室直通、でなければ携帯へ)

代表携帯:090-3437-6907

メール: yuuhikai.ichiyanagi@gmail.com

HP: http://www.yu-hikai.com

都立推薦入試小論文の極意 都立西高校シリーズ(5)

17年03月15日

都立推薦入試小論文の極意
都立西高校シリーズ(5)

 
平成29年度 東京都立西高校
推薦選抜にもとづく作文問題

 
次のことばについて、
あなたが感じたり思ったりすることを六百字以内で述べなさい。
「世界は『のっぺらぼう』である。」 (西江雅之)

 
解答例
https://doctor-of-philosophy1982.amebaownd.com/posts/2074102

 
解答への導き

 
ステップ1.「のっぺらぼう」という言葉のみに囚われ、
     思考を停止させない。

 
ひとまずこの問題を見て、「なに言ってんだよ!?」
という感想を大事にしていい。

 

「のっぺらぼう」という言葉だけに囚われていると何も発想できないだろう。

 
そこで、この一見すると非常識的な言葉に
常識的な立場から思考を展開させていこう。

 
まず、この段階がこの問題を解くためのステップ1。
「のっぺらぼう」という言葉に振り回されない胆力が必要だ。

 
ステップ2.常識の立場から問題を立てる。

 
「のっぺらぼう」というのは表情がないということだ。

 
しかし、この世界には各々の事物がそれらに固有の姿を
持って現れているように見える。

 
目の前の机や鉛筆や教科書、外に出れば学校や先生や友達、
空や雲や太陽や月がある。世界は「のっぺらぼう」なんか
じゃ全然ない。

この常識的な考え方から、さらに問いを見つけよう。

 
「のっぺらぼう」とは反対に、
世界には様々な事物があって、色や形があるけれども、
これらを私たちはどのように区別しているのか。

 
という問いを立てられるか。この段階がステップ2。

 
ステップ3. 自分の考えた問いの文脈で課題文の言葉を
       解釈する。

 
世界を私たちはどのように区別しているのか。
私たちは「あれ」や「これ」といった「言葉」で
世界を区別している。

 
すなわち、言語によって世界を分節化しているのだ。

 
すると、「のっぺらぼう」という言葉が表している世界は
言語によって区別される以前の、いわば一つの連続した世界
の在り方を指す言葉だと解釈できるだろう。

 
常識の立場から問いを立て、自分で解答(言葉によって私
たちは世界を区分している。)を導き出し、その解答を足掛
かりにして今度は「のっぺらぼう」という言葉を解釈できる
かという段階、これがステップ3。

 
課題文に対して以上のような解釈をすることができたら、
最後にこの解釈から自分なりの結論を提示しよう。

 
「世界は『のっぺらぼう』である。」

 
=言語がなければ世界は一つの連続したあり方を
しており、そこには区別がない以上、表情もない。

 
→反対に世界は、言語によって分節化され、この分節の仕方は
使用される言語(=文化)によって異なる。

 
結論:ものの見方や考え方について、絶対的なものはない。
言葉の違いが世界の見え方の違いを生み、この違いを
相互に認めて世界の人々と交流していくことが肝要である。

 
以上のような発想法と論述の組み立てを行えば、
合格答案を作ることができる。
しかし、「そもそもこんな発想ができないよ!」
いう声も聞こえてきそうだ。

 
今回は具体例の発想の仕方は割愛したが、
妥当な解釈や効果的な具体例を挙げるための発想法
は鍛えることができる。

 
そのために【哲学博士による都立推薦小論文道場】が
存在する。

 
「どう書くか」も重要だが、その前に「何を書くか」だ。
今回、模範解答作成者のプロット(作文の骨組み)
も掲載しておく。参考にしてもらいたい。

 
【受験生向け講座】
①通信添削
②スカイプ添削
③都内某所での合宿講座
を開講予定です。
詳しくは下記のフォームからお問い合せください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/2478c063472725

 
【塾向け講座】
貴塾での塾内授業や貴塾生への通信添削・スカイプ添削を
受け付けております。ご遠慮なくお問い合わせください。

 
雄飛教育グループ
AO・推薦入試小論文専門塾 潜龍舎 プロデュース
【哲学博士による都立推薦小論文道場】
担当 佐藤陽祐
https://doctor-of-philosophy1982.amebaownd.com/

 
AO・推薦入試小論文専門指導塾 『潜龍舎』についてはこちら
http://www.yu-hikai.com/ao

 
【お問い合わせ先】
an.asura.girl.in.love.1982@gmail.com (代表佐藤メールアドレス)
080-3433-8068 (代表佐藤携帯電話)
048-796-7782 (雄飛教育グループ直通)

2020年以降の大学入試改革と都立推薦入試との関連性について②

17年02月24日

2020年以降の大学入試改革と
都立推薦入試との関連性について②

 
(前回記事は、こちら) ←クリック

 
〇大学入学希望者学力評価テスト(仮称)
「国語」記述式の問題イメージ


文部科学省 高大接続システム会議(第9回)配布資料
「別紙3「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」
で評価すべき能力と記述式問題イメージ例【たたき台】」より
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shougai/033/shiryo/__icsFiles/afieldfile/2015/12/22/1365554_06_1.pdf
この問題で評価しようとしている具体的な能力
(主なもの)には、以下のものが挙げられています。

 

ア) 与えられた文章や図表等の中から
情報を収集したり取り出したりする力

 
イ) 文章や図表等の情報を整理し,解釈する力

 
ウ) 文章や図表等の情報を要約したり,
 一般化したりする力

 
エ) 目的に応じて必要な情報を見つけ出して
 文章や図表等の情報と統合し,比較
 したり関連づけたりする力

 

複数の資料や図表、文章から情報をまとめながら、
考えを構成し、表現することがポイントです。
都立推薦入試はすでに対応しています

 

具体例をあげます。

 

H28年度都立日比谷高校 推薦入試小論文 大問2

 
地球における炭素の循環の様子の模式図(産業革命前と現在)と、
二酸化炭素濃度と気温変化の関係を予想したグラフ
(エネルギー源を石油や石炭に求めた場合と
核エネルギーや太陽エネルギーに求めた場合)をもとに、
今後、 気温変化の上昇をできるだけ抑えるためには、
エネルギー源をどのように求めればよいか簡潔に述べなさい。

 
実際に、複数の資料や図表が出る点はこちら
http://www.hibiya-h.metro.tokyo.jp/html/jikoumondai.html
で確認してください。

 
さらに今年度も日比谷高校は、

 
①福祉レジーム論(「平成24年版厚生労働白書」より作成))
についての文章を読んだうえで、

 
②複数資料を分析し、

 
③社会保障の負担と給付のバランスをどうすべきか

 
というヘヴィな問題を出題してきました。

 
このように進学重点校では、
日比谷を中心に戸山、青山、八王子東なども
複数の図表、資料を用いた出題を行います。

 
科学的・客観的なデータにもとづきながら、
資料を正確に読み取り、
有意な結論を導き出すことが求められています。

 
以上より、資料読解・分析については、
都立推薦入試の出題は、
2020年以降の大学入試に即応
していると言っても過言ではありません。

 
都立推薦入試対策を高校受験時の一過性のものと
捉えるのではなく、

 
入試改革後の大学受験に接続されることを
ご理解いただければと思います。

 
【受験生向け講座】
①通信添削
②スカイプ添削
③都内某所での合宿講座
を開講予定です。
詳しくは下記のフォームからお問い合せください。

 
https://ssl.form-mailer.jp/fms/2478c063472725

 
【塾向け講座】
貴塾での塾内授業や貴塾生への通信添削・スカイプ添削を
受け付けております。ご遠慮なくお問い合わせください。

 
雄飛教育グループ
AO・推薦入試小論文専門塾 潜龍舎 プロデュース
【哲学博士による都立推薦小論文道場】

 
担当 佐藤陽祐
https://doctor-of-philosophy1982.amebaownd.com/

 
AO・推薦入試小論文専門指導塾 『潜龍舎』についてはこちら
http://www.yu-hikai.com/ao

 
【お問い合わせ先】
an.asura.girl.in.love.1982@gmail.com (代表佐藤メールアドレス)
080-3433-8068 (代表佐藤携帯電話)
048-796-7782 (雄飛教育グループ直通)

全然、間に合うよ!

16年12月30日

創心ゼミ様(大田区)の都立入試推薦ガイダンスにて

小論文の概論をレクチャーしました!

  

 

 

 

こんにちは。
代表の佐藤陽祐です。

 

創心ゼミ様とは7月に
「夏の爆裂コラボレーション講座」
をいっしょに行わせていただきました。

 

このたび塾長の
北島先生からお声をかけていただきまして、

  
先日12月25日(日)に、
創心ゼミ様(大田区)にて開催された都立推薦入試ガイダンス
において都立推薦入試小論文・作文の
レクチャーをさせていただきました。

  

ぶっちゃけ、間に合うの?

  

という生徒の皆様の疑問が表情にありありと…。

  

用意した資料の構成は無視して
一番最初に答えちゃいました(笑)

  

全然、間に合うよ!

  
都立推薦入試の倍率はひとまずおいておくとして、
推薦入試だって一つのチャンスです。

  

準備しなければ、可能性は絶対ゼロだ。

  

でも、きちんと準備すれば、ゼロから一を作ることができる。
さあ、残り一カ月、いっしょに走ってみないか。

  

 

 

【受験生向け講座】
①通信添削
②スカイプ添削
③都内某所での合宿講座
を開講予定です。
詳しくは下記のフォームからお問い合せください。

  

https://ssl.form-mailer.jp/fms/2478c063472725

  
【塾向け講座】
貴塾での塾内授業や貴塾生への通信添削・スカイプ添削を
受け付けております。ご遠慮なくお問い合わせください。

  
雄飛教育グループ

AO・推薦入試小論文専門塾 潜龍舎 プロデュース
【哲学博士による都立推薦小論文道場】
担当 佐藤陽祐

  
https://doctor-of-philosophy1982.amebaownd.com/

 

 

AO・推薦入試小論文専門指導塾 『潜龍舎』についてはこちら

http://www.yu-hikai.com/ao

  

  
【お問い合わせ先】
an.asura.girl.in.love.1982@gmail.com (代表佐藤メールアドレス)
080-3433-8068 (代表佐藤携帯電話)
048-796-7782 (雄飛教育グループ直通)

都立推薦入試小論文の極意  都立青山高校シリーズ(1)

16年12月03日

都立推薦入試小論文の極意 
都立青山高校シリーズ(1)

   

都立青山高校
都立青山高校の小論文課題は、
社会と理科の2分野が問われる。
まずは、ここ3年の出題内容を振り返ってみよう。

 
26年度
社会
マゼラン艦隊のフィリピン到達を題材にした、
国際社会における歴史認識の差異に関する問題。
理科
固体の溶解度の違いにより物質を特定させる問題。

  
27年度
社会
ノーベル平和賞受賞者
マララ・ユスフザイさんのスピーチを読み、
教育の意義を論じる問題。
理科
自由落下運動において落下運動に
抵抗を与える対象を突き止めるための実験
を提案させる問題。

  
28年度
社会
ある県における満蒙開拓団の移民が生じた、
歴史的・経済的発生原因を各種の資料にもとづいて
分析する問題。
理科
生息環境において生物が
一夫二妻制となる条件を分析する問題。

 

  
理科については、
日ごろ学校の授業をきちんと受け、
資料集や教科書を隅々まで読んでいれば
十分に対応可能だと思われる。

  
あとは、記述の訓練をしていけば、
問題自体はそれほど難問というわけではない。

  
問題は社会だ。

  
記述の字数が、
毎年150~200字ほどで、
一見すると文字数が少なくて、
さほど苦労しないように見える。

  
しかし、この字数の少なさが厄介なのだ。

  
都立青山高校の問題は、
字数制限がかなりキツく、
大人でも一瞬ウッとなるかもしれない。

  
この字数の少なさが問題の難しさを
アップさせているのだ。

  
つまり、余計なことを書いている余地がない。

  
そして、
この字数制限のなかで一文一文どうしの
論理的なつながりを持たせながら、
的確な言葉で解答を記述していく必要がある。

  
したがって、
一定の語彙力がないと難しいと感じる人もいるだろう。
対策としては、以下のようにするとよいだろう。

  
①書くべきことを箇条書きにする。
②因果関係、論理的連関を考えて記述する順番を決定し、
まとめる。
③下書き解答を作成する。
④表現や不要な言い回しがないかをチェックし、
字数に収まるように字句や表現を調整する。

  
そもそも①において資料・データなどから
何を書くべきかを抽出する作業も
訓練する必要がある。

  
また、練習の段階では、
字数を気にせずに解答を作ったほうがよい。

  
そして、
必要な内容を盛り込んだ
仮の解答をある程度作ってから、
どのようにして字数を削っていくか
という作業を訓練していくとよいだろう。

  
イメージとしては、
粘土で何かを作るとき、
ある程度の形を作ってから、
細部を整えていく感じだ。

  
長い文章を書くことは実はさほど難しくはない。

  
文章作成において、
一番難しいのは、短い文章、
言葉でどれだけ的確に表現できるかということだ。

  
この一番難しい部分を中学生に課すのだから、
都立青山高校のハードルの高さが
わかっていただけただろうか。

  

【受験生向け講座】
①通信添削
②スカイプ添削
③都内某所での合宿講座
を開講予定です。
詳しくは下記のフォームからお問い合せください。

  

https://ssl.form-mailer.jp/fms/2478c063472725

  
【塾向け講座】
貴塾での塾内授業や貴塾生への通信添削・スカイプ添削を
受け付けております。ご遠慮なくお問い合わせください。

  
雄飛教育グループ

AO・推薦入試小論文専門塾 潜龍舎 プロデュース
【哲学博士による都立推薦小論文道場】
担当 佐藤陽祐

  
https://doctor-of-philosophy1982.amebaownd.com/

  
【お問い合わせ先】
an.asura.girl.in.love.1982@gmail.com (代表佐藤メールアドレス)
080-3433-8068 (代表佐藤携帯電話)
048-796-7782 (雄飛教育グループ直通)

【哲学博士による都立推薦小論文道場】受講希望の皆様へ

16年11月05日

○指導内容

  
当講座の受講対象者は、
都立進学重点校を中心とした都立高校推薦入試の
小論文・作文指導対策を希望する中学三年生です。
厳しい指導を行います。

 
発想法や論理構成、 レトリックの技法、
具体例の挙げ方、助詞の使い方にいたるまで、
刀剣を作るように徹底して鍛え上げます。

  
したがって、添削は出来次第では文章の全行に赤入れをします。

  
また、与えられたテーマについて何を考えるか、
どう考えるのかという思考法を講師との
本気の対話をとおして磨き上げます。

  
○ご料金

  
指導一回(添削+アドバイス60分)
初回指導(2回)20,000円(税込)
追加指導(1回)8,910円(税込)
(初回指導+追加指導2回の計4回の受講を推奨しております。)

  
○指導の流れ

  
①事前に課題の内容について、小論文や作文を書いてもらいます。
作成した解答を担当講師まで送っていただきます。
※原稿用紙に小論文・作文問題を解答していただき、
スキャナーなどでスキャンしたものを
このメールアドレスに送っていただくか、
スマートフォンや携帯電話のカメラで、
作成した解答を撮影し、
送っていただければと思います。
こちらで画像を拡大コピーして、
添削をいたします。

  
②スカイプでのリアルタイム対話型映像指導
(45分、書き直しがない場合には60分)
添削した原稿を指導前にお送りし、
それをもとにスカイプにて対話形式の指導を行います。
日時は受講者様のご予定をお伺いして決定いたします。

  
③指導後の書き直しとアドバイス(15分)
②にて書き直し指示があった場合には、
書き直しをしていただき、
完成した答案についてアドバイスを15分ほど行います。

  
○ご準備いただくもの

  
・スカイプ映像指導に必要なもの
当講座は場所や時間を問わないスカイプでの
リアルタイム指導を実施いたします。
したがって、
受講者の皆様にはスカイプ利用のできる環境
をご準備いただきたく存じます。
スカイプソフトをインストールしたパソコンに加えて、
受講者様との対話型指導のために、
マイク、ウェブカメラが必要となります.
(いずれも¥1000から¥2000ほどで販売されています)。
ご準備いただきますようお願い申し上げます。

  
・原稿用紙
原稿用紙は受講者様にご準備いただいております。

  

○お問い合わせ・受講申し込みはこちら

https://ssl.form-mailer.jp/fms/2478c063472725

  

○ご連絡先

  
雄飛教育グループ AO入試個別塾プロデュース
【哲学博士による都立推薦小論文道場】
代表 佐藤 陽祐
メール:an.asura.girl.in.love.1982@gmail.com
TEL 080-3433-8068

 

https://doctor-of-philosophy1982.amebaownd.com/

TOP