【知的突破力】2018年度:埼玉県学校選択問題:英作文【AIについて】① - 名門公立高校受験道場 - 高校受験における塾講師を厳選

名門公立高校受験道場 - 高校受験における塾講師を厳選 > 名門道場ブログ > 道場ブログ > 【知的突破力】2018年度:埼玉県学校選択問題:英作文【AIについて】①

【知的突破力】2018年度:埼玉県学校選択問題:英作文【AIについて】①

18年08月22日

 

【公立高校】4技能化へ向けて「英作文」の新潮流を探る2018年入試問題大全【大学入試改革】

についての記事はこちらへ。

 

【公立高校】4技能化へ向けて「英作文」の新潮流を探る2018年入試問題大全【大学入試改革】

 

今回は埼玉県の英作文の分析から

今後の入試で必要になってくる【知的突破力】を身につけよう!

 

埼玉県(学校選択問題)

Today AI is widely used for a lot of different purposes ,

such as computers and machines .

Some people say that AI should be used more .

What do you think about this idea ?

賛成か反対か自分の立場を明らかにて、その理由が

伝わるように書きなさい。

 

そもそもAIって何か知っている?

 

英作文の解法を説明する前に、ちょっと考えてみましょう。

 

AIって何ですか?

 

こう問われたら中学生の皆さんは明確に答えられるでしょうか。

 

実は、AIを専門としている研究者でもない限り、

大半の大人が明快な解答を述べることはできません。

 

「人工知能」とは何だと思いますか?

まるで人間のようにふるまう機械を想像するのではないでしょうか?

 

これは正しいとも、間違っているともいえます。

 

なぜなら、人工知能の研究には二つの立場があるからです。

 

一つは、人間の知能そのものをもつ機会を作ろうとする立場、

もう一つは、人間が知能を使ってすることを機会にさせようとする立場です。

 

そして、実際の研究のほとんどは後者の立場にたっています。

 

語彙チェック

ディープラーニング

コンピューターによる機械学習で、人間の脳神経回路を模したニューラルネットワークを多層的にすることで、コンピューター自らがデータに含まれる潜在的な特徴をとらえ、より正確で効率的な判断を実現させる技術や手法。音声認識と自然言語処理を組み合わせた音声アシスタントや画像認識など、パターン認識の分野で実用化されている。深層学習。

 

実際の英作文にあたっての考え方

 

AIはもっと使われるようになるべきか。

 

まずは、素直に考えれば、AI技術は便利なのだから

今後も使われていくほうがいい、と考えて

賛成の立場をとることができると思います。

 

その場合には、賛成の理由を説明していけばいいわけです。

 

賛成の理由をいくつか考えてみましょう。

 

①AIは人間にとって役に立つものだから

→たとえば、人間にはできない危険な仕事がAI技術には可能。

 

②AIが進歩すれば、人間の生活がよりよく、もっと便利になるから。

→たとえば、最近ではAI技術でできることが増えてきている

(画像認識、音声認識、情報検索等)

 

反対の理由の場合

①AI技術は今人間がしている仕事を代替する

=AIが人間の仕事を奪うから

→AIによる自動運転技術が進歩すれば、

タクシーやバスの運転という仕事はなくなる

 

②AIが進歩しても、人間の感情を理解できないと思うから

→AIが人間と面と向かって会話できるほど親切ではない

 

考えた理由、具体例をできるだけ簡単な日本語に変換!

具体的な英作文の仕方は、次回!

 

模範解答はこちら。

 

 

続く

【知的突破力】AIについてのオススメ本と英語長文問題@2018年度公立高校入試

 

 

 

さいたま市浦和区北浦和 浦高通り沿い
県立浦和高校受験専門塾 【雄飛会】
代表 一柳忠宏

 住所:埼玉県さいたま市浦和区北浦和1-21-18シャトー雁ヶ音203
電話:048-796-7782(教室直通、でなければ携帯へ)
代表携帯:090-3437-6907
メール: yuuhikai.ichiyanagi@gmail.com

 

【県立浦和高校受験専門塾 雄飛会LINE@】

始めました。

友達追加をよろしくお願い申し上げます。  

友だち追加

 

↓ ↓ ↓ 雄飛会HPはこちら ↓ ↓ ↓

 

1分で知る雄飛教育グループはこちら↓ ↓ ↓

TOP