内申点38からの都立西高校推薦合格物語 - 名門公立高校受験道場 - 高校受験における塾講師を厳選

名門公立高校受験道場 - 高校受験における塾講師を厳選 > 受験情報 > 都立推薦小論文の極意 > 内申点38からの都立西高校推薦合格物語

内申点38からの都立西高校推薦合格物語

18年03月14日

〇内申点がチーンなんですけど…

 
こんにちは、
【哲学博士による都立推薦小論文道場】
代表の佐藤です。

 
熱い合格体験記が届きました。
ご覧いただけましたでしょうか。

都立西高校合格 合格体験記

小論文添削指導は、指導というより、
闘いでしたね(笑)鬼の添削をせざるを得なかった。

 
都立西高校推薦入試受験者の多くが、
オール5、内申点45点、満点当たり前です。

 
しかし、彼は、素の内申点が38でした…チーン(笑)。

 
普通の先生なら、
「あ~、無理無理、志望校を変えなさい。」
と言うんでしょうね。

 

〇それでも西高校に行きたい!

 
彼は、中学校のなかでは「優等生」タイプ
ではまったくありませんでした。

 
売られた喧嘩は買い、売られていなくても
聞き流すことができず、
「なんだとテメー!!!」と向かっていって、
負ける…メガネ壊れる…みたいな生徒でした(笑)。

 
学校からの保護者呼び出しも数度。

 
そんな彼が西高校を推薦受験する
といったときには、誰からも大笑いされ、
考え直せと心配され、志望校を変えろという
アドバイスが多数あったそうです。

 
学校の先生からも、
「推薦入試は、ほんと無理だよ、Nくん。
それを覚悟のうえで受けたいって言うなら、好きにしな!
内申38で推薦合格なんて、あり得ないからね。でも、Nくんは
どうせ言ってもきかないだろうから、やりたいようにやってみな。」
と言われたそうです。

 
しかし、頑固な彼(笑)は、
西高校推薦入試を諦めなかった!

 

〇奇跡を起こした男(笑)じゃない、努力できる漢だった!

 
合格後、みんなから
「奇跡を起こした男」
と言われているそうです。

 
佐藤はフツーの先生とは違うので、
内申点のみで判断はしません。

 
推薦入試は、一般入試と同じように、
きちんと準備をすれば合格します。

 
そういう信念がありますから。

 
「推薦入試は宝くじみたいなもの」
「受かったら、ラッキー!」
「不合格でも、しょうがないよね…」

 
こうした言葉は、きちんと推薦入試の
準備をしてから言われている言葉なのでしょうか。

 
佐藤は、推薦入試が宝くじとも思いませんし、
ラッキーで受かるとも思いません。

 
準備をきちんとした人が、
格に合った人が「合格」すると思っています。

 
だから、内申点が38で合格したことも、
奇跡だとも思っていません。

 
それだけ、僕たちは、二人三脚、さらには
家族みんなで努力してきました。

 
誤解を恐れずに言えば、当然の結果だと思っています。

 
そして何よりも、どんなに指導で叩かれても、
書き直しをこれでもか、これでもかと何本も書いた。

 
本当ですよ。ともかく書きまくった。

 
添削(佐藤)VS小論文執筆
という闘いの様相を呈していましたね(笑)

 
つまり、彼は、奇跡を起こした男なのではありません。
努力ができる漢だったのです。

 

〇明日から何をすればいいのか?

 
奇跡ではない合格をつかむために、
推薦入試への向き合い方を変えていきましょう。

 
できること、やるべきことはたくさんありますよ。

 
2018年は、おかげさまで
【哲学博士による都立推薦小論文道場】から

 
都立西高校、
都立日比谷高校

 
とダブルで合格者が出ました。

 
都立西高校は2年連続の推薦入試合格です。

 
以上のような結果が出せるのは、
【哲学博士による都立推薦小論文道場】では、

 
小論文、集団討論、面接それぞれについて、
具体的な対策方法を持っているからです。

 
正直なことを言うと、これらの対策は
簡単にかつ短期間はできません。

 
一般入試と同じように時間をかけて、
盤石な準備をしていくことが大切です。

 
受験生の皆さん、推薦入試に向けて
何をするべきかわかっていますか。

 

⓪内申点

 
内申点は高いに越したことはありません。
まずは、中間・期末テストをきっちり
取っていきましょうね。

①小論文

 
圧倒的文圧の合格答案を作成できるように
なるまでには時間がかかります。
これはできるだけはやくから対策してほしい。

 

②集団討論

 
講師との対話をとおして、通常の小論文指導に
おいても発想法などを鍛えていきますが、
秋からは「とんでもない生徒が討論に参加してしまった場合」(笑)
という場合さえも想定して練習を繰り返していきますよ。

 

③面接

 
面接は、最後に代表の佐藤が詰めます!
本当にヘヴィな質問ばかりしていきます。
もちろん、推薦入試で聞かれる面接内容に
もとづいています。

 
そして、コミュニケーションのあり方
という本質的な内容から教えていきます。

 
これだけやるからこそ合格できる試験なのですよ。
やるかやらないかは君しだい。

 
【哲学博士による都立推薦小論文道場】
の門を、覚悟を持って叩いてくれる人を
今年もお待ちしております。

 

【受験生向け講座】
①通信添削
②スカイプ添削
③都内某所での合宿講座
を開講予定です。
詳しくは下記のフォームからお問い合せください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/2478c063472725

 
【塾向け講座】
貴塾での塾内授業や貴塾生への通信添削・スカイプ添削を
受け付けております。ご遠慮なくお問い合わせください。

 
雄飛教育グループ
AO・推薦入試小論文専門塾 潜龍舎 プロデュース
【哲学博士による都立推薦小論文道場】
担当 佐藤陽祐
https://doctor-of-philosophy1982.amebaownd.com/

 
AO・推薦入試小論文専門指導塾 『潜龍舎』についてはこちら
http://www.yu-hikai.com/ao

 
【お問い合わせ先】
an.asura.girl.in.love.1982@gmail.com (代表佐藤メールアドレス)
080-3433-8068 (代表佐藤携帯電話)
048-796-7782 (雄飛教育グループ直通)

TOP