(4) 目指せ日比谷高校! 内申点の重要性 ~その実際~③ - 名門公立高校受験道場 - 高校受験における塾講師を厳選

名門公立高校受験道場 - 高校受験における塾講師を厳選 > 受験情報 > 都立日比谷高校への道 > (4) 目指せ日比谷高校! 内申点の重要性 ~その実際~③

(4) 目指せ日比谷高校! 内申点の重要性 ~その実際~③

16年02月03日

 

『都立日比谷高校への道』
(4) 目指せ日比谷高校! 内申点の重要性 ~その実際~③

前回のコラムで「一週間以前」の話に突入し

3つのポイントを紹介した。

 
まずは前回の復習から。

  
残り一週間であるべき姿を3つのポイントにまとめると

以下のようになる。

  
① インプット2:アウトプット8
② ちょっとした「先生」になっている。
③ テストが楽しみになっている。

  
今日はその2つ目の話題について綴りたい。

  
② ちょっとした先生になっている。

  
つまり、テスト範囲については教えられる理解度になっている、
ということが②での注意となる。

  
通常、勉強を進めていると
「わかったつもり」「できたつもり」となってしまう部分
がたくさんできる。

  
そのほとんどが①で書いた比率を間違えていることに起因するため、
演習量(問題を解く量)を増やすことによって改善される。

  
加えて、「教えること」もアウトプットになる、
ということも見逃せない。

  
何かを教えて相手に理解して貰う場合、
教える側は教える内容の根本を理解し、
噛み砕いて説明できなければならない。

  
上手に教えられたとすれば(相手がわかるまで教えられたら)
その内容の理解は十分だと判断できるし、
逆に何度説明してもわかって貰えないときは、
自分の理解度が足りていないのではと判断できる。

  
なぜなら、先ほども述べた通り、
理解度が高ければ十分に噛み砕けるからだ。

  
また、嚙み砕いた説明をする中で
解法のプロセスを確認することができる。

  
自分がわかったつもりになっていた
プロセスもわからない子に教えるためには
点検が必要で、
誤った部分があれば教える作業の中で正すことができる。

  
また、子どもたちは
「先生はこう教えるけど、私はこうしているの」という
やり取りをしていることをご存知か。

  
子どもたちは、教え教えられ、
その中で学習内容をより深めているのである。

  
ただ、「そんなことをすると

自分で勉強する時間がなくなるじゃないか」

  
というご指摘を頂くことも事実。

  
ごもっとも。

 

ただ、失礼ながら言わせて貰えば、
そう考える子どもほど、ケアレスミスが多いし、
定期テストで大した点数を取ってこない。

  
最上位と位置付けられる生徒たちは、
自分が学ぶことに対して貪欲であるとともに、
人に教えることに対しても意欲的である。

  
なぜなら、教えることの喜びを知っていると同時に、
それが自分の学習の総点検になることを知っているからだ。

  
もちろん、
前提となる学習は学校の先生や塾の先生の授業によって
成立するものである。

  
その上で、「ちょっとした先生」を目指して
勉強することはどうだろうか。

  
…っと、そろそろ次が気になる読者の方がいると嬉しいのだが。
今日はここまでとし、3つのポイント③は次回の配信としたい。

  

sousinzyyuku

 

 

 

 

 

 

 

創心ゼミ 塾長 北島有祐

本部(高校受験コース)
〒145-0074 東京都大田区東嶺町30-11 VILLA久が原ステーションビル 5F
夢いろキャンバス(中学受験コース)
〒146-0084 東京都大田区南久が原2-7-9

 

TEL&FAX:03-6715-5971

 

http://soushinzemi.jp/

 

東京の難関校受験対策 Miracle 

http://miraclesoushin.sakura.ne.jp/

 

TOP