(5) 目指せ日比谷高校! 内申点の重要性 ~その実際~④

2016-03-14

『都立日比谷高校への道』

(5) 目指せ日比谷高校! 内申点の重要性 ~その実際~④

  

前回のコラムで「一週間以前」の話に突入し
3つのポイントを紹介した。

  
まずは前回の復習から。

  
残り一週間であるべき姿を3つのポイントに
まとめると以下のようになる。

  
① インプット2:アウトプット8
② ちょっとした「先生」になっている。
③ テストが楽しみになっている。

  
今日はその3つ目の話題について綴りたい。

  
③ テストが楽しみになっている。

  
最後の最後に精神論で申し訳ないが、
うまくいく定期テストではやはりこうでなくてはならない。

  
子どもがテストが楽しみになっているのだ。

  
子どもたちは、自分を試す機会に大いに意欲がある。

  
消極的な子どもが多い昨今においても、その傾向は変わらない。

  
もちろん、消極的な子どもが、
自分を試す機会を前向きに迎えるためには諸条件がある。

  
その中でも最も重要なことは「自信があること」だ。

  
そして、その自信はやはり「勉強量」でしか生み出せない。

  
例えば、RPGのゲームで考えてみよう。

  
主人公(自分)がボス(定期テスト)を
倒す(前回より点数を上げる)場合、
以下のような条件が必要なはず。

  
① 選りすぐりの武器を用意する。
② 経験値を稼ぎレベルアップする。

  
①選りすぐりの武器は学校や塾で得られる解法を指す。
先生から習った取り組み方や解き方は
ボスに会心の一撃を与える重要な要素だ。

  
②RPGでは自分が決してやられない敵のことを
「ザコキャラ」と呼び、
それを延々倒すことを繰り返し、経験値を稼ごうとする。

  
それは、教科書、ワーク、テキストを繰り返し解くことに似ていて、
やったらやった分だけ、経験値となって積み重なっていく。

  
たまには、手応えのある敵(応用問題)に取り組むこともいいだろう。
テスト形式の演習でボス戦の予行演習をやってもいい。

  
選りすぐりの武器、十分なレベル、
それが揃ったとき主人公はこう思っている。

  
「どうやってやっつけてやろうかな?」
負けるかも、なんて考えていない。

  
なぜなら、ボス戦自体が楽しみになっているのだ。
これは、①②にあるような条件満たしたことによって
主人公に自信が生まれたからに他ならない。

  
内申点の重要性というタイトルで複数回に
分けて配信をしてきたが、
参考になっただろになっただろうか。

  
一週間以前、一週間前、
それぞれのパートに分けてまとめてみたが、
納得できるものがあればぜひ実践して頂きたい。

  
最後に一つ、日比谷高校受験は定期テストから始まっている。
今まさに目の前にある試験こそ、合格の第一歩であるのだ。

  
次回からは、
高校入試本番を見据えて、「五教科の話題」を配信していく。
英語、数学、国語、理科、社会。
日比谷高校合格のためにはどれも手を抜くことができない。
問題の分析や具体的な勉強方法までを
ご紹介したいので参考にして頂きたい。

  

sousinzyyuku

  

創心ゼミ 塾長 北島有祐

本部(高校受験コース)
〒145-0074 東京都大田区東嶺町30-11 VILLA久が原ステーションビル 5F
夢いろキャンバス(中学受験コース)
〒146-0084 東京都大田区南久が原2-7-9

 

TEL&FAX:03-6715-5971

 

http://soushinzemi.jp/

 

東京の難関校受験対策 Miracle 

http://miraclesoushin.sakura.ne.jp/

        Copyright© 2013 高校受験における塾講師を厳選、名門公立高校受験 All Rights Reserved.
        Top