都立推薦入試小論文の極意 都立西高校シリーズ(5)

2017-03-15

都立推薦入試小論文の極意
都立西高校シリーズ(5)

 
平成29年度 東京都立西高校
推薦選抜にもとづく作文問題

 
次のことばについて、
あなたが感じたり思ったりすることを六百字以内で述べなさい。
「世界は『のっぺらぼう』である。」 (西江雅之)

 
解答例
https://doctor-of-philosophy1982.amebaownd.com/posts/2074102

 
解答への導き

 
ステップ1.「のっぺらぼう」という言葉のみに囚われ、
     思考を停止させない。

 
ひとまずこの問題を見て、「なに言ってんだよ!?」
という感想を大事にしていい。

 

「のっぺらぼう」という言葉だけに囚われていると何も発想できないだろう。

 
そこで、この一見すると非常識的な言葉に
常識的な立場から思考を展開させていこう。

 
まず、この段階がこの問題を解くためのステップ1。
「のっぺらぼう」という言葉に振り回されない胆力が必要だ。

 
ステップ2.常識の立場から問題を立てる。

 
「のっぺらぼう」というのは表情がないということだ。

 
しかし、この世界には各々の事物がそれらに固有の姿を
持って現れているように見える。

 
目の前の机や鉛筆や教科書、外に出れば学校や先生や友達、
空や雲や太陽や月がある。世界は「のっぺらぼう」なんか
じゃ全然ない。

この常識的な考え方から、さらに問いを見つけよう。

 
「のっぺらぼう」とは反対に、
世界には様々な事物があって、色や形があるけれども、
これらを私たちはどのように区別しているのか。

 
という問いを立てられるか。この段階がステップ2。

 
ステップ3. 自分の考えた問いの文脈で課題文の言葉を
       解釈する。

 
世界を私たちはどのように区別しているのか。
私たちは「あれ」や「これ」といった「言葉」で
世界を区別している。

 
すなわち、言語によって世界を分節化しているのだ。

 
すると、「のっぺらぼう」という言葉が表している世界は
言語によって区別される以前の、いわば一つの連続した世界
の在り方を指す言葉だと解釈できるだろう。

 
常識の立場から問いを立て、自分で解答(言葉によって私
たちは世界を区分している。)を導き出し、その解答を足掛
かりにして今度は「のっぺらぼう」という言葉を解釈できる
かという段階、これがステップ3。

 
課題文に対して以上のような解釈をすることができたら、
最後にこの解釈から自分なりの結論を提示しよう。

 
「世界は『のっぺらぼう』である。」

 
=言語がなければ世界は一つの連続したあり方を
しており、そこには区別がない以上、表情もない。

 
→反対に世界は、言語によって分節化され、この分節の仕方は
使用される言語(=文化)によって異なる。

 
結論:ものの見方や考え方について、絶対的なものはない。
言葉の違いが世界の見え方の違いを生み、この違いを
相互に認めて世界の人々と交流していくことが肝要である。

 
以上のような発想法と論述の組み立てを行えば、
合格答案を作ることができる。
しかし、「そもそもこんな発想ができないよ!」
いう声も聞こえてきそうだ。

 
今回は具体例の発想の仕方は割愛したが、
妥当な解釈や効果的な具体例を挙げるための発想法
は鍛えることができる。

 
そのために【哲学博士による都立推薦小論文道場】が
存在する。

 
「どう書くか」も重要だが、その前に「何を書くか」だ。
今回、模範解答作成者のプロット(作文の骨組み)
も掲載しておく。参考にしてもらいたい。

 
【受験生向け講座】
①通信添削
②スカイプ添削
③都内某所での合宿講座
を開講予定です。
詳しくは下記のフォームからお問い合せください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/2478c063472725

 
【塾向け講座】
貴塾での塾内授業や貴塾生への通信添削・スカイプ添削を
受け付けております。ご遠慮なくお問い合わせください。

 
雄飛教育グループ
AO・推薦入試小論文専門塾 潜龍舎 プロデュース
【哲学博士による都立推薦小論文道場】
担当 佐藤陽祐
https://doctor-of-philosophy1982.amebaownd.com/

 
AO・推薦入試小論文専門指導塾 『潜龍舎』についてはこちら
http://www.yu-hikai.com/ao

 
【お問い合わせ先】
an.asura.girl.in.love.1982@gmail.com (代表佐藤メールアドレス)
080-3433-8068 (代表佐藤携帯電話)
048-796-7782 (雄飛教育グループ直通)

        Copyright© 2013 高校受験における塾講師を厳選、名門公立高校受験 All Rights Reserved.
        Top