トレードオフの関係と優先事項(番外編)

2014-06-28

『トレードオフの関係と優先事項(1)、(2)、(3)』に関係して

浦和高校受験専門塾の雄飛会ブログから抜粋を。

 

以下、抜粋①

 

易すきになじまず難きにつく 上杉鷹山

という言葉がある。

 

人間無意識に「簡単で楽な」選択肢を選ぶ習性がある。

 

だから、一歩踏みとどまって、その場その場で「苦しい」選択肢を

選ぶ必要がある。

 

 

このちょっとの差をきっちり選び抜くことの積み重ねが

合格への道。

 

以下、抜粋②

 

上を目指せ!

志望校合格を目指せ!!

もうちょっと上の目標を!!!

 

って、「目標」って上に置くイメージが強くない?

 

でもさ、「目標」って横に置くんだよ!

横に!!

密着するように!!!

 

普段の目線ってさ、横か下を向いている。

それなのに「目標」ってなるとみんな目線を上にする。

 

何かあれば思い出すけど、

普段目に入らない、気にもしない、意識もしていない「目標」って

意味ないんだよ。

 

だから、本気になれないし、達成できないんだよ。

 

「目標」を横に密着するように置くというのは、日常の目線に

ずっと入っているということ。

 

意識するしかない状態にしようということ。

 

「目標」を常に意識するから、行動に変化が起きる。

 

「目標」は常に横に抱えておく!

卵を大切にあたためるイメージで。

 

 

        Copyright© 2013 高校受験における塾講師を厳選、名門公立高校受験 All Rights Reserved.
        Top